FC2ブログ
Welcome to my blog

学び舎 ヨガ+

ARTICLE PAGE

好転反応。。。か?!

ヨガのラストにスキのポーズとアーチのポーズをするのですが
この2つのポーズの後に、鼻と目のまわりに針でつついたような
血管の跡が残ります


次の日、顔は腫れ5日後くらいに腫れはピークをむかえて
痒くて痒くて仕方がない状態にないります

もちろん、目の周りは真っ赤でシワシワ

顔の皮がむけて、徐々に皮膚が再生されてきます

ここまで来るのが、長~~~~い

そして、分かっているのに、またやってしまいました。。。

これは、悪いものが出ている好転反応なのか
それとも、老化現象なのか。。。

身近な人が誰も経験してないので
どっちとも言えません。。。

どうぞ、好転反応でありますように


第1段階:調整作用 ⇒
(弛緩反応・過敏反応) 新しい刺激に対して身体が反応しているという現れで、それに順応するまでの一時的な現象。また、異常な状態のバランスから正常なバランスへ戻ろうとしている過渡期でもあり、治りにくい慢性病から治りやすい急性疾患状態へ身体を戻すという作用でもある。強く反応が出た個所と言うのは身体の中で最も悪い、あるいは最も弱い個所である。
【主な症状】 だるい、眠い、倦怠感、便秘、下痢、発汗、痛み、腫れなど。

第2段階:浄化作用 ⇒
(排泄反応) 細胞が活性化されることによる一時的な解毒反応で、老廃物や不純物の排泄反応と言える。便や皮膚などに排泄されることによって起こる。

  【主な症状】 しっしん、吹き出物、かゆみ、目やに、皮膚の変化(特にアトピー)、
便の色の変化、大量の便、通常の2~3倍の生理など。

 
第3段階:新生作用 ⇒
(回復反応) 好転反応の最終段階。
血行が改善され、うっ血して汚れた血液が一時的に体内をめぐり始めることによって起こる。また細胞の新陳代謝がすすみ、正常な機能を持つ細胞に生まれ変わる時に起こる生体反応でもある。好転反応の中で最も辛いが、これが起こった時こそ体質が変わる時である。

【主な症状】 胃痛、頭痛、吐き気、発熱、動悸
スポンサーサイト



0 Comments

Leave a comment